哲学な冬の取り留めのない話

自分にとって、その時ものすごく良いことだと思っていることや、その時ものすごく悪いことだと思うこと。そういう色んなことが日々あるけれど「その時」が過ぎていけば、全部大したことじゃなくなっていて、それなりに生きて、今、笑えて、感謝している。これって、やっぱり生命は前向きなエネルギーが根本に在るって証拠だと思うんです。日々の出来事に一喜一憂してしまいがちだけど、笑えるのも泣けるのも生きてるから体験できること!だからきっと、生きることを辞めなければ、その時の間違いは、その後に必ず間違いじゃなくなって、その出来事も大したことでもなくなって「今」それなりに笑って幸せだと感じれるんだと思うのです。例え、どんな選択をしても、どんなことが起こっても結果的に大丈夫になっていく、そういうものなんじゃないかしら。だから、後悔は不要。失敗を恐れる必要がないし、恥をかくことも大したことじゃない。だって、私の小さな頭では考えつかないようなことが、この宇宙ではずっと昔から起こり巡っているんです。私達の根本、生命の起源について、この宇宙を産んだのは誰なのか?と問えば、科学者だって最終的には「答えは神様しか知り得ない領域だ」と言うはずなんです。

この取り留めのない話をまとめると、私の知っている範囲で、物事を理解をしようとすること自体が無知なことなんじゃない?だから「分からない!できないかも!どうしよう〜」をもただ楽しんで、生きて、やりたいことに向かってただ進んでいけば良いんじゃないかしら!というお話でした。

芸術の冬に加えて、哲学な冬でございます。

スカートが風で膨らんでおります。風立ちぬ、いざ生きめやも。



舞姫☆ちあき☆ official website

女優・ダンサー・ヨガインストラクターとして岩手・東京を中心に活動している舞姫☆ちあき☆ official website

0コメント

  • 1000 / 1000