『私が変わり、世界が変わる』


「私」という境界線がぼやけて

この広い世界に広がり溶けていく時


見慣れた景色はまるで新しく

見飽きた物にまでワクワクしはじめる


私は、無限の宇宙の"ひとかけら"なのかもしれない

と、胸がドキドキするのです。


舞姫☆ちあき☆

News

Youtube